「小生」と「小職」の使い方

名刺を差し出す男性

「小生」「小職」の意味は?

少し時代がかったいい方のような雰囲気がありますが、ビジネスの世界で、自分自身のことを指していう時に「小生」や「小職」ということばを耳にします。

これにはどのような意味やねらいがあるのでしょうか。

まず「小生(しょうせい)」ということばですが、これは「男性が自分をへりくだっていう謙譲語」で、手紙文に使われます。

端的にいえば、「小生」は男性が使う一人称のことばなのです。

このへりくだったいい方には「相手に対して敬意を払い自分を一つ下に置くという、自分を控えめに表現したことばなのです。

同じように「小職」も自分の事を謙遜していうときに使われることばです。

もともと官職(国家公務員など)が使うことばでしたが、今では一般企業に勤務している人でも使います。

「小職」という表記からも、管理職など一定の地位や立場にある人が、その身分を謙遜していう場合のことばです。

「小生」「小職」の使い方

「小生」については上で述べたように、男性が使う一人称のことばです。

よって女性が「小生」を使うことはできません。

また「小生」はへりくだった表現なのですが、自分よりも目上の人に使うのは大変失礼にあたります。

自分と同等か自分よりも下の立場にある人に使いましょう。

自分を低位においているようで使いやすい気がするのですが注意が必要です。

次に「小職」についてですが、このことばは女性が使っても問題ありません。

男女問わず使えることばですが、もともと官吏が使っていたことばということで、古めかしく堅苦しい印象は否めません。

よって民間企業に勤務する女性が使うのは少々抵抗がありますね。

また「小職」は目上の人に使って平気でしょうか。

「小職」も自分のことをへりくだっていういい方ですから目上の人に対して使うのは一見問題ないように思われます。

しかし、目上の人、自分よりも役職が上の人に対して使うのはやめておいた方が無難です。

「小職」は組織の中で一定の地位にある人、言い換えれば管理職が、自分の役職を謙遜して使うことばです。

自分よりも役職が上に人に対して使うのは相手の心証を害する怖れがあります。

また、役職のない平社員の人が「小職」を使うのは間違っていますし、横柄な印象を与え、命取りになりかねません。

「小生」「小職」を使った文例

「小生」を使った文例
●「小生、晴耕雨読に日々を過ごしております」
●「未熟な小生ではございますが、今後ともご指導のほど宜しくお願いします」
●「ご不明な点等があれば、小生までご連絡下さい」
「小職」を使った文例
●「小職、この度異動内示を受けました」
●「提出物につきましては小職までお願い致します」
●「小職は明朝9時半に参ります」

「小生」「小職」の類語、言い換えについて

「小生」については「下名」という表現があります。

同様に自分をへりくだっていういい方で、ビジネスメールでも使われているようです。

逆に「小生」ということばはへりくだった表現とはいえ、堅苦しさは拭えないために却って、相手に偉そうな印象を与えることもあります。

誰もがこの「小生」ということばの意味を知っているとは限りません。

やはり一番無難ないい方は「私(わたくし)」ではないでしょうか。

また「小職」については「弊職」ということばがあります。

こちらも自分の立場をへりくだっていうことばです。

しかし、これら一連のことばは若い人たちは使い方をしらない人が多いので、無理に使うよりも自分で分かりやすいことば、こちらも同様に「私」あたりが一番適当かも知れません。

相手に対して失礼な印象を与えぬようにするためにもそれが無難です。

まとめ

自分のことをどう表すか、その目的は相手との円滑なコミュニケーションを図ることです。

難解なことばを使うことは単に書き手の自己満足のためであり、本来の目的からずれています。

ことばというものはどのような場合においても「自分のもの」になっているかどうか判断して使うべきものであることを自覚して下さい。