敬語・言葉

知っているを敬語で表すと?存じますと存じ上げますの違いは?

丸印を見せる女性
目上の人に自分が知っているということを伝えるというシーンはよくあると思いますが、失礼なく丁寧に伝えるにはどのような言葉を使ったら良いのでしょうか?

知っているを敬語で表すと?

「知っている」の敬語表現は「存じます」が正解となります。

「思う」「知る」のへりくだった言い方は「存じる」や「存ずる」となります。

それを丁寧に表現した言葉が「存じます」となり、へりくだる必要がある相手に対して使えますので、上司や社外の人などに対して使用するのが適切です。

思っていることを伝える場合にも知っていることを伝える場合にも使える便利な表現ですので、ビジネスシーンではかなり使用頻度が高い敬語でしょう。

また、相手の問いに対する回答だけでなく、相手に問いかける際にも「失礼とは存じますが」などと前置きすることで、へりくだりの意を表することができます。

似たような表現に「存じ上げます」という敬語もありますが、それとは微妙に異なる用法があることに注意しましょう。

そこで、「存じます」の意味や使い方、「存じ上げます」との違い、その他の類語表現などについて見ていきます。

存じますと存じ上げますの違いは?

「存じます」に似た「存じ上げます」ですが、辞書的な意味でなら、こちらも「思う」「知る」の謙譲語であり特に大きな違いはありません。

しかし、実際に使用する際にはニュアンスの違いに注意が必要です。

わざわざ「上げる」という言葉が付いているのは、相手を高くして自分をへりくだる意味を強くするためであり、となると、存じ上げる対象は自然と敬うべき人ということになります。

また、「思う」の意味で「存じ上げる」を使うことは少なく、ほとんどが誰かを知っているという意味で使われると考えてよいでしょう。

さらに、「存じ上げます」という言い方より、語尾を謙譲の表現に変えて「存じ上げております」とすることが多いです

使い方としては、誰かのことを尋ねられた時などに「お名前だけは存じ上げております」などとします。

これらのことから、「存じ上げます」を物を知っているという意味では使えないこともおわかりでしょう。

なお、「ご多忙とは存じ上げますが」など、「存じ上げます」を「思う」の意味で使用する例もあります。

ただ、それに続く言葉が「お願い申し上げます」など語尾が同じく「上げます」となるような場合だと、「上げます」が重複して過剰な敬語表現に聞こえてしまう恐れもあります。

少なくとも話し言葉では「ご多忙とは存じますが」とした方が無難でしょう。

「存じます」の言い換え可能な表現

同僚など近しい関係の相手であれば、「存じます」より「知っています」や「思います」の方が自然です。

「思う」「知る」の代わりにすべてを「存じます」にすると、敬語が過剰になってかえって不自然に聞こえますから注意してください。

「お忙しいとは思いますが」という表現でも十分丁寧に聞こえます。

また、知っているということを丁寧にした「承知しております」という表現もあります。

「承知する」とは、「知る」に「承(うけたまわ)る」という謙譲語を付けた表現ですので、さらに「おります」という謙譲語の語尾を付け「承知しております」とすると、かなり丁寧に聞こえるでしょう。

一つ注意したいのが、人に対して「ご承知ください」などとは言わないことです。

たとえ「ご承知おきください」と丁寧な形にしても、「承知」という謙譲語は人に対して用いません。

間違って使っただけでもかなり失礼に聞こえるので注意しましょう。

承知してほしいことを伝えるのであれば、「お含みおきください」などとするのが適切です。

まとめ

「存じます」は、「思います」と言いたい時にも「知っています」と言いたい時にも使える便利な謙譲語です。

「存じ上げます」はそれとちょっと違うニュアンスがあることに注意してください。

それ以外の表現も覚えて、状況に合わせて使い分けられるようにするとよいでしょう。