敬語・言葉

「思います」を敬語で言うと?「存じます」の意味と使い方「存じ上げます」との違いは?

考える男性

ビジネスシーンにおいて、特にかしこまった場面で用いられるのが「存じます」という敬語です。

「思います」の丁寧な言い方ですが、使い方には注意が必要です。

そこで、「存じます」の意味と使い方、言い換え可能な類語表現について見ていきましょう。

「存じます」が持つ意味と使い方

冒頭にも記したように、「存じます」とは「思います」の丁寧な言い方です。

謙譲語といって、自分をへりくだって相手を立てる時に用います。

おもに目上の人に対して使いますが、「存じます」の一言に「思っている」と「知っている」の両方の意味が含まれていることを覚えておきましょう。

どう思うかと尋ねられた時にも、何かを知っているかと問われた時にも、同じく「存じます」と答えて問題ありません。

お礼状などで「誠にありがたく存じます」や、相手にお伺いを立てる際に「失礼とは存じますが」などとするのが使用例です。

「存じ上げます」との違い

「存じます」は「思います」や「知っています」の謙譲語ですので、使用する相手は自分より目上の人です。

自分と同格か目下の人に使うと違和感があります。

ただ、目上の人に用いることができると言っても、すべての語尾に「存じます」を付けるような多用の仕方はやはり不自然です。

日常会話で「存じます」は硬すぎますし、過剰に使うと慇懃無礼な印象を与えてしまうこともあります。

また、同じような表現に「存じ上げます」というものもありますが、これは「知っている」という時に使う言葉で、「思っている」の意味ではないことにも注意しましょう。

さらに、「存じ上げます」という時は物ではなく人を知っているという時にのみ用いることにも注意です。

存じ「上げる」というぐらいですので、対象の相手を持ち上げて敬意を示すために使われる言葉のため物には使いません。

たとえば、書類の内容について知っているかと問われた時には、「存じております」と言うのは正しいですが、「存じ上げております」というのは誤りです。

「存じます」と言い換え可能な表現とその使い分け

「知っている」や「分かっている」という意味で「存じております」と言いたい時には、「承知しております」も使えます。

「ご存じのように」とするところを「ご承知のように」としてもかまいません。

「知る」や「承知する」の謙譲語が「存じる」や「存ずる」ですので、知っていることを伝えたい時には言い換え可能です。

一方、「思う」ということを「存じます」以外の表現で伝えたい場合は、そのまま「思います」とするのが適切でしょう。

敬語の使い方でいえば、「存じます」は目上の人に対してのみ使い、それ以外の人には「思います」ということになりますが、それほどはっきり使い分けを意識する必要はありません。

目下の人に「存じております」というのは変ですが、目上の人だからといってあまり「存じます」を多用するのも、先ほども触れたように慇懃無礼な印象を与えてしまう恐れがあります。

「思います」でも十分丁寧な言い方ですので、目上の人に使っても失礼にはなりません。

「存じます」だけでなく、「思います」など別の言い方も場面に応じて使い分けるのがよいでしょう。

まとめ

「思う」「知る」の謙譲語である「存ずる」「存じる」は、目上の人への敬語として「存じます」「存じております」などと使うのが適切です。

とはいえ、敬語表現も過剰になれば、「慇懃無礼」という言葉もあるようにかえって失礼だと思われてしまうこともあります。

別の表現で言い換え可能な時はいろいろな表現を使い分けて、「存じます」一辺倒にならないように注意しましょう。

error: Content is protected !!