敬語・言葉

自分の会社の呼び方として「当社」と「弊社」の使い方

3人の執務者

自分の会社の呼び方として、「当社」と「弊社」の意味は?

自分の会社の呼び方で、「当社では…」「弊社では…」といったいい方をよく耳にします。

この違いはどこにあるのでしょうか。最初に「弊社」の意味ですが、「弊社」は謙譲語に分類されます。

つまり自分の会社をへりくだって表現することで、相手の会社を立てるというニュアンスがあります。

よって「弊社」ということばは社外の人に対して使うものです。

「弊社」は話しことばでも書きことばでも、どちらでも使用されることばです。

取引先との商談の場や取引先との文書やメールのやりとりの中では必ず「弊社」を使って下さい。

反対に「当社」といういい方ですが、これは主に社内で使うことばとなります。

「弊社」は謙譲語で、相手に対して自分の会社をへりくだっていうのに対して、「当社」は丁寧語であり、自社内で使うのが慣例です。

逆に取引先の担当者などに「当社は…」などと言ってしまうと大変僭越で、傲慢な印象を与えることになるでしょう。

自分の会社の呼び方の使い分け、「当社」と「弊社」の使い方

上で述べたように、「当社」も「弊社」も自分の会社を指していういい方です。

そこで使い方の違いを端的にこのように考えることが一番分かりやすいと思われます。

「当社」は身内の人間に対して使い、「弊社」は社外の人間に対して使う、この原則を頭に入れておくと、恥ずかしい思いをしなくて済むでしょう。

ただし「弊社」は相手に対して自分の会社をへりくだっていうことばですが、取引先との商談等で、常にへりくだらなければならないということではありません。

自分の会社の主張を通すためには、「弊社」ではなく「当社は、…」といった表現をすることも時には必要だと思います。

特に取引先への強気な提案や交渉の局面においては、「弊社は、…」といったいい方が弱気に見えることだってあります。

まさに、ことばもTPOを常に意識して使い分ける方がいいでしょう。

「当社」と「弊社」の使い分け文例

<「弊社」を使った文例について>

  • 「弊社のサービスをご利用いただき誠にありがたく存じます」
  • 「この度は、弊社の連絡ミスにより多大なご迷惑をおかけしたことに対し深くお詫び申し上げます」
  • 「この件につきましては、持ち帰らせていただき、弊社で再度検討させていただきたく存じます」
  • 「弊社社員一同、全力で信頼回復に努めさせていただきます」
  • 「弊社としましては、プランのBをおすすめしたいと考えております」
  • 「弊社スタッフに、なんなりとお申し付けいただきますよう、お願い申し上げます」

<「当社」を使った文例について>

  • 「当社は、危機管理につきまして高い評価をいただいております」
  • 「当社は、業界第1位というシェアを占めております」
  • 「当社といたしましても新規事業の立ち上げに着手したいと考えております」
  • 「当社独自のネットワークを駆使して推進してまいります」

「当社」「弊社」の類語として

「当社」「弊社」が、自分の会社の呼び方であるのに対して、相手の会社を表すことばに「貴社(きしゃ)」と「御社(おんしゃ)」ということばがあります。

これらのことばにも使い分けがあるのでしょうか。

実は明確な使い分けがあります。

よってこの機会に一緒に理解しておくことが望ましいと思います。

まず「御社」ですが、これは話しことばです。つまり会話で使うことが原則です。

直接相手方と会って協議したり、電話で話したりする場合には「御社」を使うのが常識です。

逆に「貴社」は書きことばです。取引先に送る文書やメールなどでは「貴社」を使いましょう。

まとめ

ビジネスの世界では、明文化されていない、ことばの常識的な用法がいくつもあります。

これらを軽んじることなく、正しく使えることができるように日頃から研鑽を積んでおくことが大切です。

ことばの誤用は、自分の知的な面に対する評価を下げることとなり、ひいては自社のイメージダウンになりかねません。ビジネス用語の常識的な活用法を学んでいきましょう。

error: Content is protected !!