ボージョレー解禁日2015はいつ?前に飲むのはダメ?イベントはどんな?

シェアしよう!

16625186
11月といえばボジョレーヌーボーが解禁される月!

なんだかわからないけど楽しいイベントにはちゃっかり参加しておきたいもの。

しかし、ボジョレーヌーボーって何?

って聞かれたときにうんちくぐらいは語りたい。

説明できると一目置かれるかな…なんて思っているあなた!

解禁日が来る前に勉強しちゃいましょう!

スポンサードリンク

ボジョレー の解禁日 2015の今年はいつ?

2015年のボージョレーヌーボーの解禁日っていつでしょう……??

今年はズバリ11月19日の木曜日です!なんと大安!

実は毎年11月の第3木曜日と決められているのです。

時間も関係あってこの日の0時00分(細かい!)までボジョレーヌーボーを「販売すること」はフランスのワイン法によって禁止されているとのことです。

販売だけでなく、消費者が「飲むこと」もNG!

(厳しい!)詳しくは2章で。

ボジョレーの解禁日の前に飲んではNG?

8921775
フランスのワイン法でボジョレーの解禁日前に販売しても消費してもいけないということですが、なぜそのような法律ができたのでしょう…ではまずボジョレーとは?

ずばり「地名」です。「ボジョレー」フランス、ブルゴーニュの南に位置し、リヨンからは北に広がる地区にあるなだらかな丘陵地帯です。

「ヌーボー」「新しい」という意味。

つまり、「ボジョレー」で獲れたぶどうでできた「新しい(若い)」お酒。という意味です。

収穫される葡萄はガメイ種と言われるものでその味はフルーティーで柔らかなAOCワイン。

AOCとは、
A.O.C(アペラシオン・ドリージ-ヌ・コントロレ)原産地統制名称のことでその基準は、その土地で収穫された葡萄で尚且つ決められた品種を使用し、単位面積で獲れる葡萄の量(収穫量)も決められ、さらに糖度、醸造方法、最低のアルコール度、最低の熟成期間…などなど多くの基準があり、その基準をクリアしたらINAOの厳しい審査があり、さらに専門家のテースティングに合格してようやくAOCを名乗ることができる。

なんだかよくわからないが、「厳しい検査に合格したワイン」ということは理解できる。

そのような、厳しい審査に合格したワイン。

それに目をつけた業者はボージョレーヌーボーをどんどん売り出し、売れるものだから競争が激しくなり、こぞって販売。

そうこうするうち、品薄となり、まだ売りたい業者は熟成がおわってないものにまで手を回し販売。

熟成がおわってないものだから、それはワインというより、ぶどうジュース。

そんなものが出回ってはたまったものではない。

あの厳しいAOCの基準をクリアしたボージョレーの質というか、品格が落ちてしまう。

スポンサードリンク

そこで、しっかり熟成したものを販売するため「解禁日」が設けられたということです。

解禁日が設けられたのは1984年

その当時といえば、日本もバブル期。

いやはやどれだけ過熱したか想像つきますね~。

ということで、その日までは販売および消費を禁止としました。

でも、そのおかげで日本人のプレミア心をくすぐり「解禁日」イベントで賑わう状態。

フランス人、商売上手ですね~

ま、これで日本も盛り上がれるわけだから、善しとしよう。

ボジョレーの解禁日イベントを楽しみたい!

14339931
日本人の新しもの好き、限定販売という言葉に弱い、イベント好き、熱しやすく冷めやすい…という気質をうまく利用した「ボージョレーヌーボーの解禁日」イベント。

踊らされている感もあるけど、ま、それは置いておいて楽しみましょう!

目をつけたのはレストランや飲食店。

その時期になると「ボージョレーヌーボーを味わおう!」なんてイベントやパーティが各地で催されております。

過去の例をあげますと、

  • ①【東京国際フォーラム主催】
  •  「ネオ屋台村スーパーナイト『ボージョレーナイト』」と題してリーズナブルな価格でボージョレーを楽しむというイベントを開催

  • ②【銀座】
  • 「ワインホールグラマー」ではセルフサービスで樽から直接好きなだけ「ボージョレー」を楽しむイベント

  • ③【神戸】
  • 遊覧船ファンタジー号で解禁クルーズ

  • ④【銚子電気鉄道】
  • ボジョレーヌーボー列車を運転。
    ワインパーティで車内は大賑わい。

    変わりどころでは

  • ⑤【箱根小涌園 ユネッサン】
  • 恒例の「ボジョレー風呂」
    ワインのお風呂???

とまあ、全国各地で盛り上がっているのですね~

今年はどんなイベントが開催されるのか、解禁日がとっても待ち遠しいですね!!

まとめ

ボージョレーの知識は深まりましたか?

ここでもうひとつ、おまけの知識。

実は私の17歳になる息子は11月生まれ。

出産予定日がなんとボージョレーの解禁日!

そうなりゃ、ぜひとも生まれた日に解禁したワインを買って息子が成人した日に一緒にワインを酌み交わそうではないか!

と張り切っていたところ、うんちくある人から告げられショックな言葉。

「ボージョレーは若飲みのできる特殊製法でつくられているため、鮮度がすべて。せいぜい、翌年の3月頃までには消費しないとだめだよ。20年なんてもってのほか」

そう、第2章で説明した「ヌーボー」の意味「新しい」その新鮮さを損なわないうちに飲み切るのが一番だということです。

結果、大幅に早く生まれたし、出産後ということもありお酒は飲めないのでその年のヌーボーは見送り~となったのでした。

皆さんも、せっかくの「ボージョレーヌーボー」大事にとっておかず、ちゃんとその時期に楽しんでくださいね。

スポンサードリンク

シェアしよう!

フォローしよう!